伝説の日本刀:へし切長谷部

伝説の日本刀:へし切長谷部 へし切長谷部は南北朝時代に作られた刀とされており、日本国内において国宝の指定を受けている名刀です。
長さは64.8センチ、反りは0.9センチと小ぶりな刀であるものの、皆焼刃という製法によって作られた刃紋は並び立つものの無いほどに美しく、見るものを圧倒します。
現在は福岡市博物館の所蔵であり、元々は織田信長が所有していた剣と伝えられています。
伝承として最も有名なのは織田信長が自身に対して反抗した茶坊主を切り捨てたというものであり、この時には茶坊主が棚の中へ隠れたために刀を振り下ろすことができなくなってしまいました。
しかし織田信長がこの日本刀を棚の中に差し入れて茶坊主に当てて力を加えたところ、振り下ろしてもいないのに茶坊主の体は切れてそのまま絶命したと伝えられています。
この刃を押しつけて切る切り方が「へし切り」と呼ばれる切り方ですから、この伝承によってへし切長谷部という日本刀が生まれたのです。
後に記された黒田家御重宝故実という書物にはこうした事実が記載されていないことを見ると事実は異なっていた可能性もありますが、こうした伝承が付けられるほどに切れ味に優れた名刀であるということは間違いの無いことでしょう。

伝説の日本刀:七支刀

伝説の日本刀:七支刀 七支刀は石上神宮に奉納されている鉄で作られた剣です。
全長は74.8センチ、形状は極めて特徴的で、まっすぐに伸びた刀身から枝分かれするように左右に三つずつの枝刃が伸びています。
作られたのがいつなのかすらはっきりとしていない謎に包まれた剣ではありますが刀身に刻まれた文字を解読したところ泰和という文字が確認されており、これが東晋の年号である「太和」の仮借であるとすれば西暦369年ごろに作られたものではないかと推定することが可能です。
刀身にはこの他にも数多くの文字が刻みこまれており、現在に至るまで銘文の解読が試みられ続けているものの完全な解読はいまだなっておらず、何のために作られた剣なのかも議論の最中です。
ただ現状までの解読を見る限り百済王が倭王に贈ったものであるという推定が最も信憑性のある説となっていますから、古代のころに外交的な理由によって贈呈された剣ではないかと推察されています。
また日本書紀には七枝刀という剣が登場しており、これが4世紀ごろに百済から倭に贈られた剣とされているために同一のものではないかという研究も行われています。
一般的な日本刀、平安時代以降に作られた反りのある片刃の刀剣からすると全く異なったものですが、日本で作られた剣という形で分類するのであれば日本刀の一種と言えるでしょう。

日本関連リンク

刀剣の販売や買取を行う刀剣専門店です。刀剣をお手ごろな価格で販売しています。

日本刀